2018/03/31

そろそろ春の支度を・・・

 寒かった今年の冬も漸く観念したようで、そろそろ風の冷たさの中にも少し暖かい春の風が混じる様になって来ました。

 それにしても今年の寒さは厳しかったので毎年、GWが近くなってくると「今年初めて八ヶ岳の別荘に来ました。」なんて方が多くて、そうすると心配なのが冬季の寒さにによる設備配管の凍結事故です。

 留守の間は別荘の方は皆さん水抜きをしていくので気が付かないのですがこの時期、今シーズン初めて来て実は水抜きに失敗して配管がパンクして、元栓を開けると水が噴き出した!なんて事が多くて夜中や早朝に電話が掛かって来る事もあります。

 皆さん、此方に来られる時はくれぐれも夜中とか早朝は避けて余裕を持って来て下さいね。

 私達もそろそろ車のタイヤをスタットレスから夏用タイヤに履き替える時です。先日、余りに暖かいので一瞬、履き替えようかな?とも思ったのですが例年、3月末から4月には雪が降る事もあるので「もう少し我慢」と思っていたら、その数日後に今年一番の積雪を観測し「替えなくてよかった~」と胸をなでおろしました。

 しかし、毎年異常気象が続きます。冬が終わると思ったら各地でいきなり夏日を迎えたりどうなってるんでしょね?今年もこれからの異常気象が心配です。

 八ヶ岳の里山には先日降った雪の塊がまだ道端に残っていて冬の残骸が少しありますが、たまに「フキノトウ」を頂いたりして少しづつですが春が近づいてきているのを実感出来るようになりました。

 明日から新年度が始まります。地元の学校の子供達も今はまだ休みで、あちこち走り回っていますが人口減少で子供達の数も減り学校も統廃合が進み、今は殆どの学校がスクールバスでの送迎となり、里山の狭い道をバスが行きかいます。

 私もスクールバスの通る時間を外したりルートを変えて車を走らせるようにしています。狭い道なので行き違いもままならないですからね。新しい年度の始まり!何だかワクワクしますが今年も楽しい事が待っていますように!

2018/03/19

里山の活性化

 最近、里山の整備や限界集落の活性化についての話を良く見聞きする様になり、現代の世相が抱えている一つの問題として認識される様になってきたなと感じています。

 その方法は様々ですが、私の家の周りでも森の大規模な伐採が始まり、一体何事?とちょっと心配になってきたりします。

 一時期、里山の整備や限界集落の活性化というと決まってリゾート開発や企業誘致なんて事が検討され、嫌だなと思っていましたが最近は大分、趣が変わってきて里山や限界集落を駄目なものとして捉えるのではなくむしろ逆に、だからこそ自然が残された豊かな土地として逆手にとった利用方法が検討されるようになり、それはとても良い事だと思います。

 今までの都会発信型の方策である「都会から人を呼ぶ」という手法ではなく、地元からその情報を発信して地元民が楽しむことが出来る活用方法を用いて、「私達はこんな緑豊かな土地で人間らしく過ごしていますよ。良かったら、あなたも体験してみます?」的な手法がとても共感出来ます。先ず、自分達が楽しくなきゃ人なんか呼べないですもんね。

 先日も近くの古民家カフェにお茶飲みにいったら地元のおばあちゃん達が集まって楽しそうに話ながらケーキとお茶を楽しんでいました。今までにはない光景で、とても新鮮な印象を受けました。

 以前、ちょっとお話した事ですが人は大人数でひしめき合い、自分と他人との距離感があまり近づき過ぎるとストレスを感じます。又、逆に人と人の距離感が離れすぎると今度は疎外感を感じます。適度に距離感を保ち、その間に自然が介在すれば人はとても気持ちよく暮らすことが出来ると私は思います。

 そうい意味で里山は貴重で絶妙な距離感を保った環境ではないかと自分なりに思っています。あなたも里山に遊びに来てその距離感を体験してみませんか?気持ち良いですよ(笑)

2018/03/05

又、いつもの嫌な季節が・・・

 今年も寒かった冬が漸くゆるみそろそろ春の季節を迎えようとしています。それはそれでとても楽しみなのですが・・・ですが・・・そうなんです。今年もそうするとそろそろ花粉の飛ぶ季節になってきます。というか既に飛んでいると思われます。

 というのも何故かこの季節になるとクシャミがとまらなくなり目に一杯涙がたまるし身体がだるくなるし頭は痛いし・・・どうしたの俺の体?ってな感じになってしまうのです。そうなると「ハハ~ンそろそろだな」と思うのです。

 花粉歴約30年、今年は昨年の倍くらいの花粉量が予想されているそうで・・・先が思いやられます。

 当然、先月のうちから既に病院に行って先生から「そろそろ来ましたか?」「はい、そろそろです。」「そういえば先日、来た患者さんも、もう来てますと言ってましたよ」と言われそうそうに薬を貰ってきました。

 「木を扱う仕事をしている人間が花粉症でどうする!」という話ですが人間だから仕方ないのです。

 この季節、車で移動していると必ず特定の場所を通過中にクシャミが止まらなくなるエリアがあります。これって不思議ですよね。必ず、同じ場所でクシャミがでるのですがその一帯が花粉飛散エリアなんでしょうかね。あ~あ、今年も思いやられます。

2018/02/17

最近の不思議な分からない事

 最近、自分の頭では理解出来ない不思議な事が沢山ある。ひとつは「クラウドファンデイング」とやら・・先日、知人から「こういう人がいてクラウドファンデイングをやるから協力してくれないか?」とお誘いのメールがありました。

 「何それ?」って感じでした。言葉自体は聞いていましたが内容については今一つ分からない事ばかりで「マアいいか、最近の世の中、分からない事ばかりだから・・」とそのままにしておいたのですが、どうやらこの「クラウドなんちゃら(笑)」というものには色々なタイプがあるらしい。

 知人が頼んできたものはこの中の「寄付行為」にタイプとしてはなるらしい。何だか「自分のしたい事があるけど資金がない」といったケースでより多くの方に寄付をお願いするのに適した行為らしい。

 昔、自分が子供の頃はお金がなくて「自分のしたい事が出来ない、あるいは買いたいものが買えない」なんて時はアルバイトをしてお金を貯めるのが一般的だったけど現代はそれだけじゃなく、てこういう方法もあるらしい。

 しかし、この行為はあくまでネット上の呼びかけであるから私にはその方に関しては全く知らないし、当然、寄付なので見返りもない。「う~ん、それってどうも自分の感覚では理解できない」という感じでした。しかも、この場合だと予定していた金額に達成しなかった場合は返金されるシステムらしい。折角、寄付しても返ってくるらしいのです。最近は人との接点が希薄になってきたので、どうもこういう方法も現代の若者には違和感は無いのかも知れませんね。

 それから今、話題の「仮想通貨」これも良く分からないのです。仮想なので現金ではない、だけど現金化も可能?なんじゃそれ?って感じです。地元では昔から「地域通貨」みたいな発想がありこれは全く現金化出来なくて、例えば「草刈が大変なので手伝って欲しい」「それじゃ、それは2福だから、そのかわり私に2福で肩もみ頼むわ」なんて事や、地元の商店街だけで通用する商品券みたいなものもあり、それはそれで何となく理解出来るのですが、「仮想通貨」は何もしないで20倍30倍にもなる事があるし0になる事もあると聞くとマタマタ「何それ(笑)?」ってなってしまうのです。

 最近はあまり理解しようとするとコッチの感覚までオカシクなるので「自分には知らないでいる権利がある」なんて事を自分に言い聞かせ、ジッと森の向こうで何か動かないか見続けて時間を過ごすのでありました。

2018/01/27

ウッドストーブのある暮らし

 先日、雑誌の取材依頼がありウッドストーブ愛好家が集まりその魅力を話し合う機会がありました。バスにのって取材場所のウッドストーブが設置された素敵なログハウスに行くと既に数人の方が集まっており早速、撮影と取材が始まりました。

 近年、ウッドストーブを暖房の熱源として取り入れる方が増えて来て、それはとても良い事だと思っています。

 東日本大震災の折にもここ八ヶ岳は丸一日停電し、とても寒い思いをしました。幸い私の家にはウッドストーブがあったので暗い家の中でもウッドストーブの暖かさと炎の優しい明りにどれほど助けられたか分かりません。

 文明が発達した世の中では電気の恩恵に頼る部分が多くて、そのライフラインとなる電気が絶たれるという事が中々想像出来なくなってきています。しかし東日本大震災は実際にそういう事が起こりうるという教訓を我々に教えてくれました。

 その後、電気に頼らない熱源という事でウッドストーブの魅力が見直され森の再生という観点からも地方自治体がその普及に力をいれた事も有りウッドストーブの需要が増えてきました。

 私も普段は多くの時間をパソコンの前に座りネットや図面作成に費やしています。普段の生活の中で自然や森の事を実感する事が段々、難しくなってきています。

 しかし唯一、森の中で倒れた木を頂いて玉伐りし斧で薪割りする時間はその恵みを実感できる貴重な時間となっています。便利さに溢れた現代社会のなかで唯一、薪割りという作業は直接自分の生活を守るために必要で、自分の肉体を使い額に汗をかき行う楽しい時間です。

 全ての仕事は何らかの形で社会の為になり貢献しているのですがその実感を得る事は中々難しいものです。しかし、この薪割りだけは唯一自分の生活を守るために自分がしなければならない仕事だと実感できます。多くの方がその魅力を知って森の再生につながるその意義を実感出来れば良いと思っています。

2018/01/09

あけましておめでとうございます。

2018年、あけましておめでとうございます。今年もどうぞ宜しくお願い致します。八ヶ岳は年明けから晴天が続き、穏やかな良いお正月となりました。昨晩は季節外れの雨と今日はこれまたこの時期としては異常に暖かい日になっています。この先も暖かければよいのですがまだまだそうはいかないと思います。今年も森の中から感じた色々な事を発信していきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます。

Dsc_82018年あけましておめでとうございます。当社は今日から仕事始めとなりました。今年もどうぞ宜しくお願い致します。写真は昨年末に完成したTS様邸のLDKの写真です。室内に張られた天竜杉の板材の香りが写真からも伝わってきそうです。今年も色々な住宅に関するニュースをお伝えしていきたいと思いますので楽しみにご覧下さい。

2017/12/29

今年も一年有難うございました。

2017年ももうすぐ終わろうとしています。弊社も今日で御用納めとなります。今年も一年「森の囁き」をお読み頂き有難うございました。

 今年は忙しさにかまけて全然、更新が進まず大変、申し訳ありませんでした。もう少し余裕を持った仕事がしたかったのですがお蔭さまで一年通して毎日が戦いの連続の日々でした。

 一年を通して振り返ってみると今年は色々なジャンルで変化が大きかった年であったなと思います。政治の世界でもそうだしスポーツの世界でも色々な変化があったし環境変動も大きい年となりました。

 2018年となる来年はどんな変化が待ち受けているのでしょうか?出来れば穏やかな一年になって欲しいと思いますがどうでしょうかね。

 個人的にも来年は少し変化が起きるような気がします。しかし、変化も又、楽しみの一つです。変化のない生活なんて考えられないですからね。

 それでも一日一日、元気で楽しく時を過ごしていきたいと思います。どうぞ来年も「森の囁き」を宜しくお願い致します。

 2018年が皆さんにとって輝かしい希望の年になりますよう心よりお祈りしております。どうぞ良いお年をお迎え下さい。

2017/12/15

超私的2017年重大ニュース

今年も残すところ後2週間余りとなりました。何だか年々、一年の時間の感じ方が短くなってきた様な気がするのは年齢のせいなんでしょうか?それとも目まぐるしく世の中が変わっているのでしょうか?今年一年を超私的に振り返ってみました。

・忙しかった~:今年は一年を通して本当に忙しかったような気がします。これもお客様のお陰ですが本当に有難いことです。とかく近年はネット環境が進んで地道なモノづくりに関しては余り関心を持たない風潮がある中で私共のような立っている木を伐って、しかも伐採時期や乾燥方法まで拘って時間がかかる仕事をさせて頂いているのにそれを容認して下さるお客様のお陰で今年も忙しく仕事をさせて頂きました。有難いことです。

・次男の結婚:年末近くになって次男坊が結婚しました。お相手の家族にもお会いしたりお嫁さんになってくれる女性にも何度かお会いしていたのでいつかこういう事になるのかな?と思っていたら嬉しい決断を二人がして、めでたく結婚致しました。結婚式と披露宴はまだ来春の予定ですが我が家にとっては嬉しいニュースでした。

・政治不信:今年は政治の不祥事が多くて何だかワイドニュースのネタが多かったですね。森友学園や加計学園、それに伴い「忖度」なんて言葉も流行語に選ばれたり、又米国では新しいトランプ大統領が就任して次々と新しい政策を発表しましたがどれも米国第一主義を唱えたもので私には余り世界をリードすべき先進国の首脳としての政策としては歓迎出来ない気がしました。この政権は余り長く続かないかも知れませんね。

・スポーツの世界では甲子園を沸かした清宮君がプロ入りして、これからが楽しみですね。大谷君も大リーグ入りが決定して来季が楽しみですが、ただでさえハードスケジュールの中での2刀流なので体調に気を付けて頑張って欲しいです。残念なのは山梨県の地元J1のヴァンフォーレ甲府が最終節でのJ2落ちが決定してしまった事、何とか来季J2で活躍して1年でのJ1復帰を果たして欲しいと思います。

・将棋の藤井4段29連勝:この出来事もビックリしました。普段、余り興味のない世界だったのですが驚異の連勝記録は驚きでした。まだまだ幼さの残る顔をしてるのに報道陣に対してしっかりした受け答えが出来てとても15才には見えないですが、さすが一芸に秀でた者は違いますね。

・陸上の桐生選手初の9秒台:桐生選手がついに日本人として初めて10秒の壁を切りました。私も学生の頃、陸上部だったのでこの快挙は「ついにここまで来たか!」という思いがします。その頃は人類の100mの記録は9.6秒が限界でそれ以上は体の抵抗が大きくて不可能と言われていましたが今はその限界も越えられる様になりました。大したもんです。一説にはこのレースのスターターが風の向き、強さも考慮して最高のタイミングでスタートを切れるように配慮したと言っていましたがこんな所にも人間の知恵が働いているのですね。

・衆議院選挙で民進党惨敗:今年行われた衆議院選挙で民進党は希望の党への編入を図り大惨敗しました。野党第1党の惨敗と、この大変革には驚きました。随分と思い切った変革の道を選んだと思いますが結果、与党の大勝利へと政治が動き、私的には余り良い状態では無いと思います。やはり与野党が均衡していないと政治の緊張感は得られないと思います。何とか野党にも頑張って貰いたいものです。

以上、2017年超私的重大ニュースでした。

2017/11/19

今年もそろそろ

今年も余すところ後、1か月と少しになってきました。この仕事をしていると年末は徐々に慌ただしく「何とか年内には・・・」という仕事が増えてきて何となく気ぜわしくなってきます。車のタイヤも今年は早めにスタットレスタイヤに履き替えました。

 そしてこの時期に現れるのがあの嫌な奴、「カマドウマ」湿ったトイレや風呂に大量に出没して来やがります。連中は本当にどっから出てくるのか分かりません。綺麗に駆除してヤレヤレと振り返るとあざ笑うかのように又、2,3匹の奴らがひっそりと佇んでいます。全く嫌な奴らです。

 そして家のウッドストーブにも今シーズン初めて火を入れました。寒いのは苦手ですが寒い外から帰って来て家の中に入るとウッドストーブの柔らかい暖かさがたまらなく嬉しくなります。廻りの山々もそろそろ頂上部が白くなりはじめ徐々にその白さが晴れても消えなくなり段々根雪になっていきます。

 昼間でも薄暗かった森の奥の木陰が徐々に葉が落ちて明るくなってきます。大風が吹いたり雨が降ると画面が揺れていたテレビも森の葉が紅葉して落ちてくると安定して映る様になってきます(笑)

 今年の冬の長期予報ではどうやら雪が多くて寒い冬になりそうでちょっと心配ですが今から心配しても仕方ないですよね。森の中の道路は落ち葉ですっかり埋まってしまい側溝の掃除をする人達は大変です。歩いても落ち葉の絨毯の上を踏みしめるのでいつもカサカサと大きな音がします。

 先日、東京から引っ越して来たばかりの方に「皆さんこの落ち葉はどうして処分してるんですか?」と聞かれ「何もしませんよ。掃除しても次の日には又、同じ事ですよ。そのうち風が吹けばどこかに飛んでいくし残ったら来年の肥やしになりますからね」と返事しました。森の中はそろそろ冬籠りの支度が始まりました。

アシストのHPへ
八ヶ岳でのログハウス生活 ---木の家設計施工 森のすまい工房(有限会社アシスト

プロフィール

フォトアルバム

kikori

フォトアルバム